INNER CARE

ニョッキもソースもビタミンAが豊富な緑黄色野菜がたっぷり!

かぼちゃのニョッキ

かぼちゃのニョッキ
◎ビタミンA食材
  • カボチャ
  • トマト
  • にんじん
  • パセリ
  • 粉チーズ

◎栄養素(1人分)

エネルギー…466Kcal
たんぱく質…17.9g
脂質…16.5g
炭水化物…59.5g
ビタミンA(レチノール当量)…629.2μg
食塩相当量…3.3g

材料(2人分)

<ニョッキ>
かぼちゃ……200g
薄力粉……60g

<ソース>
にんじん……1/2本
玉ねぎ……1/2個
サラダ油……大さじ1
ひき肉(牛・豚)……100g
塩……少々
こしょう……少々
※ケチャップ……大さじ1
※ウスターソース……大さじ1
※顆粒コンソメ……小さじ1
カットトマト缶詰……半分
粉チーズ……適量
パセリ……2g

作り方

  1. 1にんじんと玉ねぎをみじん切りにする。鍋にサラダ油を熱し、ひき肉を炒め、色が変わったらにんじんと玉ねぎを炒め、火が通ったら※の調味料を加える。
  2. 2カットトマトを加え、少し煮詰めたら塩、こしょうで味を調える。
  3. 3かぼちゃは皮つきのまま適当な大きさに切って皿に並べ、ラップをかけて加熱する。(約5分)
    柔らかくなったらつぶし、薄力粉を加えて混ぜ、一口大の団子状にし、フォークの背で軽くつぶして形を整える。
  4. 4沸騰した湯に3を入れて、浮かんできたら(約2~3分)すくい上げて皿に盛り、2のソースと粉チーズをかけて、パセリをのせる。

ワンポイントアドバイス

ニョッキにはビタミンAをはじめ、ビタミンE、B1、B2、C、食物繊維など、不足しがちな栄養素がたっぷり詰まったかぼちゃを使用。栄養が多い皮も使い、彩りも食感も楽しめます。
β-カロテンが豊富な、にんじんやトマトを使ったソースを合わせました。β-カロテンやビタミンE・Cは抗酸化物質と呼ばれ、フリーラジカルによって細胞が傷つけられるのを防ぎます。免疫力が下がって風邪をひきやすくなる寒い季節には、抗酸化物質を意識して摂ることで免疫力が高まり風邪をひきにくい身体をつくります。

ナビゲーションを表示する