VitaminA + Skincare = Aケア

ビタミンAによるスキンケア、それが「Aケア」

ビタミンAは細胞のDNAに働きかけ、細胞が本来持っている機能を回復させ、正常化する働きがあるといわれています。
ビタミンAが行き届くと、乾燥、シミ、シワ、ニキビなどのトラブルが起こりにくい肌になり、また粘膜が整えられるため免疫力が高まり、風邪やウイルスに強いカラダがつくられます。

このようなビタミンAのチカラを活用した、カラダと肌のケアを「Aケア」と呼びます。

ビタミンAの働き

目の健康に欠かせません

光を感知する網膜の細胞には、ロドプシンというたんぱく質とビタミンAの複合体があります。ビタミンAが不足するとロドプシンが十分につくられなくなり、弱い光を感じることができなくなってしまいます。これがいわゆる鳥目、夜盲症を引き起こします。またビタミンAは目の乾燥も防ぐので、ドライアイが気になる方にもおすすめです。

皮膚や粘膜の健康にも重要

ビタミンAは皮膚や粘膜の健康維持を助けます。ドクターデス・フェルナンデスによると1日に10,000IUを3週間摂取することで日光過敏性が軽減されるといわれてます。またニキビケアとしても高用量のビタミンAが有効であることは医学的にも認められています。
<参考文献 Dr.フェルナンデスのスキンケアのすべて>

ウィルスや細菌からカラダを守ります

皮膚や粘膜が健康に保たれると、ウイルスや細菌の侵入からカラダが守られます。反対にビタミンAが不足してしまうと、粘膜が乾燥して傷つきやすくなり、外部からの感染にも弱く炎症を起こしてしまいます。

がんの予防にも

ビタミンAには、細胞の分裂を正常に保つはたらきがあることがわかってきました。ガンという病気は、細胞分裂が異常な速さですすむ病気です。そのことから、ビタミンAの抗ガン作用が注目されているのです。

Aケアの実践

Aケアの実践には、主に2つの方法があります。

1. インナーケア<食べるAケア>

ビタミンAを含んだ食品やサプリメントを食べたり飲んだりして「体の中から」ケアする方法。

2. スキンケア<塗るAケア>

ビタミンAを肌に直接塗布することで「肌の表面から」浸透させる方法。

カラダの中と外からしっかりビタミンAを補給して、トラブルに負けない、健康で美しいカラダと肌を手に入れましょう。

Aケアの必要性

最近では、肌の老化は加齢のみが原因ではないことがわかってきました。

READ

「ビタミンA」を知る

ビタミンA作用機序文献はこちら

  • ビタミンAの働き
  • ビタミンAの種類
  • ビタミンAとの付き合い方
  • プロビタミンA(ベータカロチン)の働き

ナビゲーションを表示する